日焼け対策.COM

日焼け肌対策

日焼け肌を作る対策は日光浴だけではないのです。日光浴以外で日焼け肌を作る対策をご紹介します。

「セルフタンニング」というものをご存知でしょうか。セルフタンニングは紫外線を浴びない日焼け肌対策商品なのです。

セルフタンニングのローションやクリームを日焼け肌になりたい箇所にムラのないように塗りこみます。 すると数時間後に肌の色が小麦色に変身するものなのです。日光浴なしの日焼け肌対策なので、紫外線による肌トラブルも回避できます。 日焼けに憧れていたけど、紫外線が気になって日焼けをためらっていた方も安心してキレイな小麦肌を作ることが出来るのです。 また、1年中小麦色をキープしたい方にもお勧めです。日光浴なしで日焼け肌対策ができるセフルタンニングは使用を止めれば数日で 元の肌の色に戻っていくのでレジャーの予定や洗顔石鹸気分に合わせて手軽に小麦肌が作れます。また、日焼けによる色むらの補正にも便利なアイテムです。

使用の注意点として、塗りこむ際に使う手のひらも同じように小麦色になりますから、塗りこんだ後は必ず手をキレイに洗うようにして下さい。

日傘で対策

日焼けの対策はいろいろあります。好みも人それぞれです。

今年の夏はちょっと思考を変えて、日傘でお洒落に日焼けの対策をしてみませんか。

紫外線が気になる季節になると、日焼けの対策グッズとしてたくさんの日傘がお店にならびます。いったいどんな日傘がいいのでしょう。

機能面で言うと、濃い色の物を選んだほうが日差しを防いでくれのですが、薄い色の方が熱がこもりにくいので涼しい感じが得られるといった利点があります。 もう少し細かい部分では、紫外線を出来るだけカットしたいのなら、紫外線○○%カットやUVカットと表示されている日傘を選びましょう。 晴れでも雨でも使えるものがいいのなら、晴雨兼用の日傘がお勧めです。

日焼け止め

日焼け対策として代表的なものは日焼け止めです。日焼け対策といったら日焼け止めを塗ることはもう当たり前になっています。

日焼け止めにも多くの種類があり選ぶのにも迷ってしまいます。

そこでどのようなポイントや用途で選ぶといいのかを簡単にまとめていきます。

日焼け止めで良く目にするのはSPFという数値ですが、いったいどういう意味なのでしょう。 SPFとは日焼け防止の効果を表した数値です。肌が20分程度で日焼けする時間を基準にしているもので、 日焼けを防げる時間を数値で表しています。例えばSPF15では、20分×15倍で300分(5時間)程度防げるということになります。 日焼け止めでの対策ではSPF値が高いほど持続できる時間が長くなるということになります。

日焼け止めで対策する場合の目安となるSPF値は、日常生活でSPF10程度、屋外で行動する場合でSPF20程度、炎天下で行動する場合でSPF30以上のものが理想的とされているようです。

■コンテンツ
化粧水を選ぶポイント

Copyright 日焼け対策.COM 2012